Placeholder image

DX実務者講座


デジタル技術やデータ利活用で業務プロセスを変革し、新しいビジネスモデルを創造していくデジタルトランスフォーメーション(DX)が、今、社会全体で求められています。一般社団法人デジタルトランスフォーメーション研究機構では、2019年に、KOBE×DXプロジェクト2019で社会人の為の講座を実施しました。 2020年度は、10月9日の「DX入門」を皮切りに、様々な実務者講座が開催されます。みなさま、奮ってご参加ください。

【主催】
一般社団法人デジタルトランスフォーメーション研究機構
【共催】
神戸大学 数理・データサイエンスセンター

講座概要
講座名日時定員講習費
DX入門10/09
(16:00~18:00)
100名3,000円
DXのための統計基礎10/16
(16:00~18:00)
50名20,000円
10/23
(16:00~18:00)
10/30
(16:00~18:00)
11/06
(16:00~18:00)
DXのための統計実践11/13
(16:00~18:00)
20名50,000円
11/20
(16:00~18:00)
11/27
(16:00~18:00)
DXのための機械学習基礎12/04
(15:00~19:00)
20名50,000円
12/11
(15:00~19:00)
12/18
(15:00~19:00)
DXアドバンストコース
データサイエンス実践入門1/8(16:00~19:00)30名15,000円
統計学を用いたデータ分析1/15(16:00~19:00)30名15,000円
機械学習を用いたデータ分析1/22(16:00~19:00)20名15,000円
【総合学習】
データを活用したビジネス価値創出
1/29(16:00~19:00)30名15,000円

講座詳細


DX入門
Placeholder image

DX入門では、AIやIoTが社会において変革を促すDXの流れ、DXを支えるデータサイエンス・AI技術、DXがビジネスにもたらす変化について解説し、質疑応答を行います。

【日時】
2020年10月9日(金)16時―18時
【講師】
齋藤 政彦 (神戸大学 数理・データサイエンスセンター センター長)
小澤 誠一 (神戸大学 数理・データサイエンスセンター 副センター長)
南 知惠子 (神戸大学 経営学研究科 教授)
【開催方法】
Zoom
【対象者】
企業・自治体のDX分野の実務に今後または現在かかわる方
【講義内容】
① DX入門
② DXを支えるデータサイエンス・AI技術
③ DXによるビジネスの進化
④ パネル・ディスカッションおよび質疑応答


DXのための統計基礎

DXのための統計基礎(4回)は、初級レベルでわかりやすい統計の基本を学びます。 事前にWeb上で講義資料・講義ビデオ(60分程度)を視聴していただき、Zoomによるセッションでは、講義ビデオに関する質問、演習問題の解説などを行います。 

【日時】
2020年10月16日、23日、30日、11月6日(金)16時―18時
【講師】

Placeholder image

羽森 茂之(神戸大学 経済学研究科教授)
・1991年、Duke University 大学院経済学研究科修了(PhD)
・専門:計量経済学、計量ファイナンス、応用時系列分析、データサイエンス
・President, International Research Institute for Economics and Management
・Distinguished Fellow, International Engineering and Technology Institute
・Honorary Chair Professor, 亜洲大学(台湾)
・著書:Empirical Techniques in Finance (Springer)、AI and Financial Markets (MDPI)、ベーシック計量経済学(中央経済社)他多数。


Placeholder image

【対象】
初級レベル
【講義内容】
10/16 第1回「わかりやすいデータの要約方法」
10/23 第2回「わかりやすい2変数のデータの分析」
10/30 第3回「わかりやすい確率変数と確率分布」
11/06 第4回「わかりやすい統計的推論(推定と検定)」
【開催方法】
・講義ビデオ・資料をWeb上で事前に学習いただきます。
・講習当日はZoomによる開催で講師が講義資料について解説・質疑応答・演習を行います。
・解説の様子もWeb上でビデオにて視聴可能とします。
【受講申込】
「DXのための統計基礎」→ こちらからお申込みください



DXのための統計実践

実務で広く利用される回帰分析に関して、その理論を正しく理解し,データ解析の結果を適切に解釈する能力と統計解析環境Rを用いた高度なデータ解析を独力で行える能力を養います。
【日時】
2020年11月13日、20日、27日(金)16時―18時
【講師】

Placeholder image 首藤 信通(近畿大学 理工学部准教授)

2005年 伊藤忠テクノサイエンス株式会社(現 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)入社。同社退職後、現在まで欠測データ、高次元データ、非正規データの統計解析に関する理論研究に従事。
2012年 東京理科大学 大学院理学研究科 数理情報科学専攻 博士後期課程 修了(博士(理学))。 日本学術振興会特別研究員DC2、大分県立看護科学大学 看護学部 助教、 神戸大学 大学院海事科学研究科 講師を経て、2020年4月より現職。


Placeholder image

【講義内容】
11/13 第1回「2次元データの記述統計」
11/20 第2回「回帰係数に対する統計的推測」
11/27 第3回「回帰分析の応用とモデルの評価」
【開催方法】
・講義ビデオ・資料をWeb上で事前に学習いただきます。
・講義資料に演習問題を提示します。
・講習当日はZoomのWebinarによる開催で講師が講義資料について解説・質疑応答・演習を行います。
・解説の様子もWeb上でビデオにて視聴可能とします。
【受講申込】
「DXのための統計実践」→ こちらからお申込みください